手厚いサポートが魅力のタクQ|専門のサイトを利用して働く

男性と女性

求められる人材

間取り

キャパを広げる

一級建築士として駆け出しとなる場合でも、建築家として消費者ニーズに的確に応えることが重要となり、様々な建築物の情報収集できる企業への就職が利得です。海外の工法や構造、デザインなどを実際に見て触れる留学や研修、勉強会などを提案する求人情報を収集することもポイントです。日本の建築業界では、主に戸建て需要期となり、健康や自然住宅などが展開されています。消費者ニーズは海外メーカーの内装・外装材などに着目し、デザインも洋風や個性が重要視されています。建築家は独創性を持つことが企業からも消費者からも求められ、知識は国家免許となる一級建築士ならばある程度持っているため、必要なのはアイデアのスケールです。そのためにもゼネコンや設計、建築事務所のみならず、ショールームやインテリア関連の業界の求人情報に目を向けてみるのもスキルアップに繋がります。

必要となるスキル

戸建ての建築の業務が特徴の一級建築士ですが、建築家団体に所属する求人情報も注目度が高まっています。経験者が有利で、建築全体に関する相談から、プロによる現地調査、住宅を含め消費生活全般のトラブル、第三者の立場から相談員となるなどの業務内容が特徴です。一級建築士は施工や監理など、手抜きや欠陥工事を防ぐ技能、さらに設計や法律などの制度まで多彩な知識と技術が必要とされています。求人情報の中には、敷地条件となる悪条件を建築的な工夫で克服できる柔軟な発想力や提案力も問われます。また求人情報には木の性質をとことん知る者を求めているパターンもあり、工学・理工学・美術デザインなど、一級建築士には不要となるスキルがないのも特徴です。